木造住宅の耐火性を考えよう

木造住宅は、木材の香りで癒される、視覚的にほっとできる、コストを削減できるなどのメリットがありますが、燃えやすいというデメリットもあります。
薪をしたことがある方ならわかると思いますが、木材はあっという間に燃えてしまいます。
そこで、万が一火災が起こったときにすぐに逃げられるように、家の構造を考えておきましょう。家の外に出られる通路を確保しておけば、万が一のことがあったときに素早く逃げることができます。火事が起こりやすい台所からの動線をよく考えておくとよいでしょう。
また、ハウスメーカーによっては木材が完全に炭化する前に避難できるように、時間稼ぎできる構造を工夫していることがあります。
住宅に使われる主なも木材はヒノキや杉ですが、木材によって耐火性が異なります。また、施工方法によっても耐火性が変わってきます。
どういった方法が火災に強いのか、ハウスメーカーとよく相談をしてから家を建てるとよいでしょう。